ここ数年、若手の離職率が増えているという悩みを持つ企業をよく聞きます 

全体の離職率が15%前後だと、それほど問題視していない社長が多いのですが、実は最近35歳以下の社員だけで計算した時の離職率が40%を超える企業が増えている傾向にあることをご存じでしょうか😱

いうまでもなく、全体の離職率が15%でも、その詳細をしっかり把握する必要がありますね 

一般的に、30%を超える離職率は会社を存続の危機にさらすレベルになりますが、若手の比率が高ければ高いほど危機的状況といえます。

厚生労働省によると、2022年3月の平均有効求人倍率は1.22倍でした。

年齢別で調べたところ、2018年で少し古いデータですが、当時の平均有効求人倍率は1.06倍だったことに対して、35歳以下の場合は1.14~1.38倍になります。

2018年と同じ比率で考えると、2022年は更に若手の有効求人倍率が高いことになります。そうなると若手の高い離職はなおさら緊急的な課題となりますね💦

このような問題を抱えている企業は、世代間コミュニケーションギャップが強く、若手にビジョン(経営理念)が浸透していないという課題があることが共通点です。

  • 時代に合ったリーダーシップスタイルの改善
  • コミュニケーション改善策
  • 若手社員を巻き込んだビジョン浸透

次回のMPS Newsでは「時代に合ったリーダーシップスタイルの改善」について解説します。

お楽しみに!

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください
私からご連絡させていただきます。 Mpowered Sales 上田美樹子